クレアチン 食品

クレアチンが含まれる食品とは何?サプリメントでも摂ろう!

<クレアチンが多く含まれる食品:牛肉>
牛肉は豊富なクレアチンが含まれる食品です。

 

牛肉に含まれている動物性たんぱく質には必須アミノ酸が豊富に存在しています。

 

牛肉は体内の筋肉、骨格の形成に欠かすことのできない成分が多く含まれている食品なのです。

 

筋肉をつけたい人にとって非常に有益な食品ですね。

 

牛肉に含まれるクレアチン含有量は1キロあたり4.5グラムと豚肉についで多く、脂質の少ない赤身のブロックなどを選んで食べることで余分な脂肪分摂取を回避することも可能ですよ。

 

クレアチンを摂取できる牛肉ですが、肉を大量に食べることはあまりおすすめできません!

 

特に赤身の肉類は食べ過ぎてしまうと消化困難により体力を消耗してしまうので身体の疲労を感じやすくなってしまいます。

 

体調を整えて効率よくクレアチンを摂取するためにはクレアチンサプリメントを併用するといった工夫をしましょう。

 

 

<クレアチンが多く含まれる食品:魚類>
肉類と同じく魚類はたんぱく質を豊富に含んでいる食品なのですが、魚の種類によってクレアチン含有量が異なります。

 

アジ・サケはクレアチンが豊富に含まれているのですが、特にアジは1キロあたり10グラムのクレアチンが含まれています。

 

魚類でクレアチンを摂取することの最大のメリットは生で食べられるというところです。

 

クレアチンは熱に弱い性質なので加熱調理をしてしまうと、どうしてもクレアチンは消失しやすくなってしまいます。

 

 

魚類なら鮮度に注意して生で食べることはそれほど難しくないので、クレアチンを損なうことなく摂取することができる理想的な食品ですね。

 

また、魚類は比較的脂肪分が少ないのでダイエットにも適しています!

 

さらに魚の脂肪分は脂肪酸を含んでいるので血栓の予防・LDLコレステロール減少などにも効果があり健康にもいいと言われています。

 

ダイエットや健康にも効果を発揮してくれるメリットの多い食品ですよ♪

 

しかし、毎日のように魚類を食べることは難しいと思うのでクレアチンサプリメントを上手に活用しましょうね。

 

 

<クレアチンをサプリメントで摂取するなら水分補給をしっかりしよう!>
牛肉や肉類などの食品でクレアチンを摂取する際はそれほど水分補給を気にしなくていいのですが、クレアチンサプリメントを摂取する際は水分補給をしっかりすることが大切です。

 

クレアチンは筋肉の細胞の中に水分を溜め込んでいく性質を持っています。

 

筋細胞内を水分で満たすことでより円滑に筋肉のエネルギーを発揮し、エネルギーの再合成を行いやすくしてくれます。

 

クレアチンサプリメントの摂取により筋細胞内に通常以上のクレアチンが滞在すると筋細胞はさらに多くの水分を筋細胞内に取り込もうとしてしまいます。

 

そうなると、その分だけ体重が増加しクレアチンによる効果を実感できるようになってきます。

 

このような状態になったときに必要な水分が体内に満たされていないとクレアチンによる効果を最大限に活用できなくなってしまいます。

 

さらに体調不良といった身体の不調が出やすくなってしまうのです。

 

クレアチンサプリメントを摂取している人がトレーニングや運動中に水分不足に陥るとクレアチンによるパフォーマンスを引き出すことができません。

 

また、ケガや事故にもつながる可能性も十分にあります。

 

なので、クレアチンサプリメントを摂取する人は水分補給をしっかりするように心掛けてくださいね。

 

 

<クレアチンが含まれる食品とは何?サプリメントでも摂ろう!:まとめ>
牛肉・魚類などの食品にクレアチンは豊富に含まれています。

 

トレーニングや運動をして筋肉をつけている人、これから筋肉をつけたいという人はこれらの食品を積極的に食べることで効率よく筋肉をつけることができますよ。

 

クレアチンをサプリメントで摂取する際は水分補給を忘れずに行いましょうね。

 

>>メタルマッスルHMBを<楽天よりも安く>購入する方法