メタルマッスルHMB 副作用

【注意】メタルマッスルHMB6つの成分による副作用!

<黒生姜エキスの副作用>
メタルマッスルHMBには筋肉をつきやすくし、代謝を高める効果のある黒生姜エキスが配合されています。

 

黒生姜には“アルギニン”という成分が豊富に含まれています。

 

このアルギニンには副作用があります。

 

代表的な副作用としては「腹痛」「下痢」です。

 

アルギニンはアルカリ性なので一度に大量に摂取した場合、胃を荒らし下痢などの症状を誘発してしまいます。

 

しかし、メタルマッスルHMBの1日の摂取量をしっかりと守れば副作用が出ることはありません。

 

 

<クレアチンの副作用>
メタルマッスルHMBには筋肉増大効果のあるクレアチンが配合されています。

 

クレアチンは筋肉中に水分を引き付ける作用があるため「むくみ」の副作用が出てしまうことがあります。

 

むくみが気になった場合はメタルマッスルHMBの摂取を止めて様子を見ましょう。

 

もし、摂取を止めてむくみが改善されるのであれば体質的にクレアチンによりむくむと考えていいでしょう。

 

 

<ビタミンEの副作用>
メタルマッスルHMBには血流を改善し体内のエネルギーを使いやすくしてくれるビタミンEが配合されています。

 

ビタミンEは過剰摂取をしてしまうと「下痢」「吐き気」「肝機能障害」「筋力の低下」「骨粗しょう症」などの副作用が出てしまいます。

 

しかし、メタルマッスルHMBに配合されているビタミンEは少ないので過剰摂取さえしなければ心配はないでしょう。

 

 

<フェヌグリークの副作用>
メタルマッスルHMBには胃腸の調子を整え、消化吸収力を高めてくれるフェヌグリークが配合されています。

 

フェヌグリークに対してまれにアレルギー症状を訴える人がいます。

 

アレルギーを持つ人はフェヌグリークを摂取すると「ぜんそく」「しびれ」「皮膚の腫れ」などの症状が出てしまいます。

 

メタルマッスルHMBを飲んでこのような症状が出た場合はすぐさまメタルマッスルHMBの摂取を中止してください。

 

また、フェヌグリークには糖尿病への効果があり血糖値が下がることもあるので注意しましょう。

 

 

<トンカットアリの副作用>
メタルマッスルHMBには筋肉増強、スタミナ増強、脂肪燃焼効果のあるトンカットアリが配合されています。

 

トンカットアリに対して体質的に合わない人がいます。

 

副作用としては「胃痛」「胃の不快感」「下痢」「頭痛」が挙げられます。

 

これらの症状が出た場合はメタルマッスルHMBの摂取を止めましょう。

 

 

<コエンザイムQ10の副作用>
メタルマッスルHMBには身体の機能を動かすエネルギー源であるコエンザイムQ10が配合されています。

 

コエンザイムQ10は体内にある成分なので比較的安全性が高く、体質に合わないといった副作用もほとんどありません。

 

しかし、1つだけ注意しなければならないケースがあります。

 

それは薬との併用です。

 

甲状腺機能が低下しているときに処方される【チーラジンS】という薬を服用しているときは注意しましょう。

 

この薬と併用したことで「血圧が上がった」という例があります。

 

チーラジンSを服用する際は注意してくださいね。

 

 

<【注意】メタルマッスルHMB6つの成分による副作用!:まとめ>
HMBなどのアミノ酸系サプリを過剰摂取すると「肝臓機能の低下」「腎臓機能の低下」といった副作用が起こると言われています。

 

アミノ酸系サプリ以外のサプリでも1日の摂取量を守らなければ何かしらの副作用は起こり得るのです。

 

メタルマッスルHMBに限らず過剰摂取は逆に体にとって毒となるので絶対にしないようにしましょう。

 

 

副作用が出た場合はすぐに休止するべきですが、今のところメタルマッスルHMBを飲んで副作用が出たという報告はありませんよ♪

 

興味のある方は、公式サイトをご覧くださいね。

 

>>メタルマッスルHMBの公式サイトはこちら